エントランス完成予想CG
  • Design
  •  

ひとつ先の上質を
目指すレジデンス。

  • 「横濱レトロモダン」を建築コンセプトに掲げ、基壇部には横浜の豊かな歴史を思わせる重厚なレンガ調タイルを採用。上層部はベージュ系の左官風塗装を用いて落ち着きと邸宅感を創出、垂直・水平ラインを強調したファサードとダークグレーの左官風塗装によりモダンで洗練された印象を創り上げました。弘明寺の街並みに馴染みながらも洗練さ上質さを感じられる建物をデザインしました。

    マテリアル素材イメージ写真

  • 外観完成予想CG

「二面接道」を活かした
開放的なマスタープラン。

敷地の東西が通りに接した「二面接道」。
駅近で商店街の賑わいのそばにありながら、幅約7.9mの道路に面し、建物は道路の境界から約1.5mセットバックすることで、空間にゆとりと開放感をもたらします。また、メインエントランスから1階エレベーターホールまで奥行きを確保。ゆったりとした空気に包まれながら進むうちにオンからオフへと心を優しく鎮めてくれます。

敷地配置イメージイラスト

落ち着き溢れる内廊下設計。

共用廊下は、静かで落ち着いた時間が流れるホテルライクな「内廊下設計」。建物外部からの目が届かないため、防犯性も高めています。

  • 住戸配置イメージ図
  • 内廊下完成予想CG

美しい四季の移ろいが愉しめる植栽計画。

  • サトザクラ
  • 常緑ヤマボウシ
  • セアノサス
  • エゴノキ
  • ソヨゴ
  • クリスマスローズ

知性を感じ、
ゆったりと寛げる迎賓空間。

エントランスホール完成予想CG

  • エントランスホールは、ベージュ系・茶系をベースとした温かみのある空間に、壁面にはランダムに配した木製パネルと間接照明を採用し、規則的に配置したタイル貼りの列柱とベージュ系の床タイルが上質さを創出。壁面には小物や書籍をレイアウトした「ライブラリースペース」を設置、知的な雰囲気が薫る、住まう方もほっと落ち着ける迎賓の場として演出しました。

  • 設計・デザイン担当

    株式会社三輪設計東京本社
    設計室 リーダー

    後藤 裕介

    Yusuke Gotoh

    一級建築士、インテリアコーディネーター。
    クレヴィア浅草・クレヴィア池袋WESTに続いて、
    クレヴィアシリーズでは本物件が三作目。
    他、分譲マンションを多数設計。

都市建築のライティングに実績のある
「トミタ・ライティング・デザイン」を起用。

外観には、街並みに心地よく光の景を奏でる照明をデザイン。
ライブラリーには温かみのある間接照明を配し、ランダムに柔らかな光を放つ、居心地のよいもてなし空間を創り上げました。

ライティングデザイナー

トミタ・ライティングデザイン・オフィス
代表

富田 泰行

Yasuyuki Tomita

東京芸術大学大学院修士課程デザイン専修。
1996年 トミタ・ライティングデザイン・
オフィス設立。
1997年(株)トミタ・ライティングデザイン・
オフィス設立。代表取締役。

  • フェアモント ジャカルタ
    (スナヤンスクエア)

  • グランモール公園

  • メイプルガーデンコート

  • ■受賞歴
  • 第15回照明デザイン賞(一般社団法人照明学会)
    最優秀賞受賞。
  • 第12回日本照明賞(一般社団法人照明学会)
    日本照明賞受賞。
  • 第31回SDA賞(社団法人日本サインデザイン協会)
    優秀賞受賞。
  • 北米照明学会アワードオブメリット
    デザイン賞受賞。
  • 省エネ・照明デザインアワード
    優秀賞受賞。
  • ■主なプロジェクト
  • 「南池袋公園」
  • 「東京駅八重洲口開発グラントウキョウ+グランルーフ」
  • 「豊洲2・3丁目地区開発計画」 他
※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なり、今後施工上の理由等により計画に変更が生じる場合があります。また、外観形状の細部及び、敷地周囲の建物、電柱、電線等につきましては表現を省略・簡素化しています。
※植栽につきましては、実際に植樹する樹形、枝ぶり、葉や葉の色合いとは異なる場合があります。また、特定の季節の状況を示すものではありません。
※掲載の素材イメージの色合いは印刷・制作工程において実際とは多少相違が生じる場合があります。また、使用素材は施工上の理由により変更となる場合があります。
  • 近隣のおすすめスポットを紹介

  • 京急沿線のCREVIA